モーモー

うちのポポは「モーモー」がとっても恐い。

先日の鳥羽水族館でもセイウチを「モーモー」だと思って、とても恐がった。

ポポがモーモーを恐がり出したのは、1才を過ぎた頃。

とってもおてんばなポポに手を焼いたたんぽぽが、

「そんなんしてたら、モーモーが来るよ」

と言ったのが始まり。

モカは冷静に「モーモーってほんまはいいひんねんな?」

と言っていましたが、ポポはすっかり信じていました。

でも、少し大きくなったあるとき、

「モーモー、ほんまはいないよ」

と言い出したのです。

着替えるのも、お風呂に入るのも、寝るのも、全部モーモー頼りだったたんぽぽ。

これでは、やばい!!!と思い、モーモーをでっちあげることに。

ちょうど家の近所に、モーモーに最適なものがありました。

118_1804 じゃ~~~ん!!

これがモーモーだ~~~

ある日、たんぽぽが仕事をしているときに、パパとベビーカーで見に行ったらしい・・・

それ以来、「モーモー見たよ。ベビーカーのって、パパと。

めっちゃこわいよ~~」と言うように。

モーモー効果ばっちり!!118_1805_2

だって、こんな風に口から水もだしているんですもの^^

「モーモー来るよ!!」というと、何でもいうことを聞きます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心のつどい

モカの通う小学校で「心のつどい」というのをやっています。

今回、親の参観も可能だったので、ちょっぴり見てきました。

モカの通う小学校は『人権教育』に力を入れていて、その成果を「心のつどい」で発表します。

モカたち一年生は「いどにおちたぞう」という群読。

内容は「大きなカブ」みたいなもの。

井戸に落ちた大きな象を、馬、ロバ、豚、子羊、イヌ、ねずみが順に登場して助けると言うお話。

一匹ではだめで、二匹でもだめで・・・

最後のねずみが登場したときに、他の動物たちがねずみを笑って馬鹿にする。

僕たちがそろってもだめだったのに、ちっぽけで力のないねずみが手伝ったところで、上手くいくわけがないと。

でも、ねずみは手伝いたいといい、みんなで引っ張ったところ、象を引き上げられた。

人はみな違う。自分より小さいからと、自分より劣っていると馬鹿にしてはいけない。自分より小さくて劣っていると思っていた人でも、本当はすごい力をもっているんだと。

で、モカの役は豚。

本当は象をしたかったけど、ジャンケンに負けて豚になったとか・・・^皿^

また、この小学校ですごいところは、手話を日常的に使っているところ。

授業の前や挨拶、数字の数え方、そして、歌はすべて手話付き。

なんだか、数年前に耳の不自由な子が入学してきて、そのときのこどもたちが、その子と話をしたいと言い出したところから始まっているらしい。

小学校で、人として一番大切なことを教えてもらっているモカ。

幸せです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポポのいたずら・・・

我が家の次女ポポは2才7ヶ月。

いたずらだいすき、口癖は「いやん!!」のプチ反抗期まっさかり!!

ある日、夕食の準備をしていると、いつもはまとわりついてくるポポはいやに大人しい・・・

何してんにゃろ~と思いつつも、これ幸いとひたすら準備。

しばらくすると、ポポがトイレから出てきた。

そして、「ママ、おしっこないないしたの~」と。

気になって見に行くと

117_1794 ガーン!!!-_-;

トイレットペーパーをぜ~んぶ便器につっこんでいました。

思わず、「何してンの!!」と声をはりあげてみるものの、

笑顔で「オシッコないないしたのよ」と答えるポポにそれ以上何も言えなかった・・・・

たくましく育て!!ポポよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モカがステージに!!

この連休に近くの橿原神宮でおこなわれたお祭り・・・

第6回橿原夢の森フェスティバル。

そこで、モカがステージに上がりました。

橿原夢の森フェスティバルとは・・・

「~らしさ」がテーマで、素人から、半プロという人までが自己表現をする。

参加者を広報で募集しているのをみつけ、ダンスの先生に話を持っていったところ、先生も乗り気で申し込み。

そして、参加決定!!

フラダンスのおば様たちから、バレエ教室、バトントワリング、ラッパー、そして、小学生の落語家まで登場。

そして、上地由真

橿原市出身で4月に「shine day」という曲がシングルリリースされた歌手。  らしい・・・

そんな中、8月に発表会で踊ったのと同じダンスを披露。

071007_144545

ちなみに、衣装はたんぽぽのお手製!!

連休ということで、参加できないお友達もいたのですが、そんなことを感じさせないくらい、とってもパワフルでした。

午後のキャラクターショー(ゲキレンジャーショー)のあとということもあり、お客さんもいっぱい。

なのに、誰一人物怖じしないのはすごかった。

終わってからの感想。

〔めっちゃ緊張したけど、めっちゃ気持ちよかった〕

と、みんな興奮気味。

そういえば、たんぽぽも現役のとき、全国大会や日本代表の試合とかで、観客がふえるほど、快感を覚えた記憶がある。

いつもは身内ばかりの発表会で、知らない人の前で踊ったのは初めて。

いい経験になったと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ポポ復帰!!

10月からポポが保育所に復帰しました。

めでたしめでたし・・・・

ポポの復帰で一番喜んでいるのはたんぽぽ。

いや、いや、ポポと一緒にいるのが嫌ってワケじゃないのですが、

仕事をしている身ですので、なにかと気をもむことが多くって・・・

これで、少し楽ができます。

ほんと、保育所ってありがたい。

「3才までは母親の愛情をいっぱいすって育てたほうがいい。」という、幼稚園派の意見もありますが、

たんぽぽのようにやりたいことがたくさんあると、保育所がいい。

それにしても、去年1年通っていて、先生やお友達も知った顔ばかりなので、初日からすっとなじんで行ってくれました。

3日目の今日なんか、ぼんくらが送ってくれるのですが、車に乗せる前から

「ママ、バイバイ」

ですもんね。

ポポが保育所に行き出して、一番寂しがっているのが、モカ。

ぼんくらに夜の出張仕事が入らない限り、一緒に連れて帰ってくれるので、帰りは7時過ぎ。

学校から帰り、ポポがいないと、「あ~、早くポポが帰ってきて一緒に遊びたいなぁ」

とぼやいています。

この半年、モカは本当にポポの面倒をよく見てくれて、夏休みなんか、小さなお母さん代わりでした。

でも、本当は、モカがポポに遊んでもらっていたのかも・・・

う~ん、姉妹でよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あせもかと思ったら・・・

今年の夏は暑かった。

特にお盆の頃の暑さは尋常ではなかった。

日本最高記録を更新し、熱中症で倒れる人たちも多かった。

そんな中、ポポがあせもに・・・

ふだん、クーラーや扇風機に当たる習慣をつけていないで、起きているときは汗をかき放題。

なんせ、汗腺は2~3歳ころまでに完成するとのことなので、それまでに汗をあまりかいていない子は、汗腺の量が少ないと聞いたので。

はじめは、鼻の頭と、おでこ。

ちいさなブツブツができて、あせもだなぁと。

手当て法の本に「栗か桃の葉を煎じたのがよい」と書いてあったので、ぼんくらの実家の近くに栗の木があるのを思い出し、早速収穫に。

煎じたのをスプレーしてやると、翌日にはきれいになっていました。

あるとき、ふと見ると、うなじの辺りにもブツブツが・・・

『こんなとこにもあせもか~。髪の毛長いからなぁ~』と思い、再びスプレーを。

2~3日たってもよくならない。

おかしいなぁと思いながらも、他のことは疑わなかった。

ある朝、「ここかゆい~、ここかゆい~」となくポポ。

みると、うなじから首筋に膿をもったような発疹がいっぱい。

ん?これはあせもじゃないぞ~。

よくみると、お尻の辺りにも同じようなものがあり、耳にもひじにも出来ていた。

もしかして、トビヒ????

川でもらったのか、それともプールか??

グジュグジュになっていたので、押さえつけてお灸をし、もぐさをガーゼにおいてはりました。

翌日にはかわいていい感じ。

少し、かわいそうなことをしましたが、これでポポがまた強くなったのは間違いなし!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

発表会!!

モカの発表会がありました。

何の??

ダンスです。しかもHIP HOP系の・・・。

まったく、練習もせずにのぞんだ発表会でしたが、何とか無事終了。

モカなりに、緊張もしていたみたいで、終わったときのなんともいえないほっとした顔。

親の方が緊張して、ちゃんとできるかなぁと・・・

観客は身内ばっかりで、どうせ、自分の子しかみてないのにねぇ~。

ほんとはスイミングに通わせたかったのですがねぇ~

どうしても、「いや!!」とはねのけられて・・・

スイミングは『ママスイミング』がいいらしいです。

そっちの方がきびしいのにねぇ~( ̄ー ̄)

じゃぁ、何する?っていう話になって、ちょうどそのとき、たんぽぽの行っているジムでジュニアダンスの教室が始まるっていうから、それにしようかっていう感じです。

でも、本人が楽しいのかどうかもわからず、「じゃぁやめるか!!」というセリフを何回もいいながら、1年がたちました。

親がひいき目にみても、センスがない。

続ける意味があるのかとかいろいろ考えましたが、結局続けることに。

たんぽぽにとっては、何でもいいんですよ。モカがスポーツをするなら。

ダンスを続けてアムロちゃんみたいになって欲しいなんて、おもっていませんから。

とにかく、カラダを動かして、体力をつける。

そして、練習→試合(発表会)→結果→喜怒哀楽 ・・・

見たいなものを感じて欲しいだけだから・・・

むかし、大学の監督が言っていたことを思いだす。

「日本では水球にプロも実業団もないんだから、それで一生メシ食っていけるわけじゃない。

おれは、水球を通して、人間教育をしてるんだ。」

この年になって、やっとその意味がわかった気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の口癖

もうすぐ、ポポの装具が取れる日が近づいてきました。

で、最近のポポはほんとにやりたい放題。

風呂上りに装具をはずしていようものなら、ハイハイで逃走し、つかまり立ちをするように。

いや~、子供はすごいですねぇ~

でも、なるべく装具をつけて生活するようにしています。

やっぱり、こわいもんねぇ~

もし、パカッと外れるようなことがあれば、最初からやり直し???

いやいや、もう耐えられんです。

そんなポポの口癖がこれ。

「よいよいしたいの~」

そんな言葉を聞くと、自然と涙がこぼれてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再び・・・いぼ

ポポのいぼ・・・

みえっちさんの助言を参考にトライしました!!

なすのヘタをこすりつけるだけ・・・

ですが、やはりポポには耐えられないよう・・・

暴れる・・・

逃げる・・・

わめく・・・

大変でした・・・・

で、寝てる間にしようと再挑戦。

こすり付けた後、朝までテープで張ることに・・・

うん、うん、成功!!!

この光景をずっと見ていたモカが一言。

「これで、ポポのイボがとれたら、ポポはもう『ポーちゃんが~。ポーちゃんが~』って言わへんの??」

思わず苦笑い・・・ ^^;

そうです。ポポの自己中の一番の被害者はモカでした・・・

翌朝・・・

「モーモーついてるぅ~   ヾ(〃>_<;〃)ノ イヤイヤ」

と泣きわめくポポ。

やはり、いやだったらしい。

ところで、イボですが・・・

少し、赤くなっていましたが、取れるところまではいかず。

やり方が悪いのか、それともしばらく毎日続ける必要があるのか????

どちらにしろ、早くしないと、ナスの季節が終わる・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プール

たんぽぽの住む隣の市営プールに行きました。

そこは、午前と午後とに別れていて、午前中なら、親子3人で行ってもわずか400円!!!

なんて、リーズナブルなの~!!

そこで、モカの水泳もう特訓!!

最近やっと、面かぶりキックを5Mいけるようになりました。

ポポは・・・

お留守番のはずが、子守をするものがいなく、しかたなく(???)プールにいれちゃいました^^;

まだ、病院の先生からはOKはでていないけど・・・・

アームヘルパーをつけて深いプールに放すと、奇声を発しながら大喜び。

胸ぐらいまでの浅いプールでは、リハビリのように「ヨイヨイ、ヨイヨイ」と言いながら、歩いていました・・・

みんなから、大丈夫??と言われていましたが・・・

水の中では重力がかからないから大丈夫だろうと・・・・思う・・・・

さぁ。もか!!

なんとか今夏中にクロールできるように頑張るぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧