冤罪はゆるせない

高知の白バイ事件。

高知の春野町という町で白バイとスクールバスが衝突して、白バイの警官が死亡。

警察側が証拠を捏造してスクールバスの運転手の片岡さんに罪をナスリ つけている。

高知はたんぽぽも以前お世話になった土地。

この事故現場の道は、住んでいた須崎市から高知市内の鍼勉強会に通うのに、使っていた道。

ほんと、見通しがいいのです。

だから、飛ばしている車も多い。

証拠を捏造し、罪をナスリつける。

亡くなった方が、白バイ隊員だから???

じゃぁ、一般市民だったらどうなるの???

警察という権力を振りかざして、自分たちのメンツを保とうとする。

許せない。。。

詳しくはこちら(みえっちさんのブログ)から↓
http://hahihunoie.blog79.fc2.com/blog-entry-202.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

何を信じれば・・・・

今日は真面目な話。

戦後日本は高度経済成長を向かえ、先進国としてさまざまな分野で発展をしてきた。

それに伴い、各家庭の食卓も急速な変化をしてきた。

牛乳、パンといった欧米食の定着。

そして、冷凍食品や缶詰、レトルトパックなどをはじめとした保存食・加工食の普及。

より安く、より口当たりがよく、よりたくさんのものをつくる。

これらは、食品添加物や大手食品メーカーの使命とでもいうべく・・・

そんな中、スローフードという言葉とともに、自然食ブームも到来している。

畑から掘り起こした野菜、海から釣ってきた魚と違い、その形をかえてしまっている加工食品は、見た目では何が入っているかわからない。

そんな時、頼りになるのは、裏の原材料だ。

最近はその表示にもいろいろ決まりができて、アレルギー物質などの表示も義務づけられている。

中に入っているもの全てを表示するのは当然だ。

今回の牛肉コロッケ偽装事件。

コストをさげるため、原材料に書いていないものをいれていた。

それを告発され、会見に臨む社長には反省の色もない。

何もコロッケに豚肉や鶏肉を使うのがいけないと言っているのではない。

表示していないものを使っていることに問題がある。

混ぜればわからなくなる・・・・

そう言ってのける社長は、自分の会社のつくったコロッケを食べることが出来るのだろうか?

私たち消費者は、表示を信じて買うしかない。

今一度、食料品に関わる人たちに、食の安全と言うものについて考えてもらいたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シビアな問題

今日は、ちょっとシビアな話題をひとつ。

先日、向井亜紀さんのお子さんを「法律上、実子と認めない」という判決を最高裁が出した。 そのことについて、各種メディアもとりあげ、論争を広げている。

医学の進歩。 それは、日々すさまじいものがある。

そのことによって、数十年前は落としていた命も助かることが出来るようになったのは事実だ。


しかし・・・・・

妊娠・出産については、そこまでするか??という方法も多々ある。

代理出産はそのひとつだとたんぽぽは思っている。

これを認めている国もわずかであるところをみると、できるけどしてはいけない部分だという認識が大きいのではないだろうか?

もし、これを法律で認めてしまえば、そのことを推奨していることにもなる。

表現は悪いかもしれないが、子どものいない裕福な両親が、自分たちの遺伝子を残したいがために、他人の腹を道具にするということが問題なんだと思う。

子どもが出来ない体になってしまうということは、女であって女でないような、母親としてはとても辛い状態だと思う。

でも、できないにはそれなりの理由があり、そこを考える必要があるのではないか?


日頃、不妊で悩む人たちを治療している中で、『どうしても子どもが欲しい』という母親の願いは十分感じている。

しかし、生まれてくる子どもの気持ちを後回しにして、大人のエゴだけが一人歩きしているように思える。

高度不妊治療がいけないといっているわけではないが、現在、高度不妊治療を受けている方、これから受けようとされている方、今一度、「命のあり方」について考えてもらいたいなぁと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)